CX-3の人気グレード選び方

CX-3のグレードを選ぼう

CX-3の場合も、他の新車と同じように、購入前にグレードの選択が必要です。CX-3の場合は3つのグレードがあります。CX-3のグレードについて何も考えずにディーラーに行くと、結局のところ営業マンが一番売りたいグレードをすすめられて、つい話の流れのままに購入してしまう展開になってしまうこともざらです。

 

そうなってしまえば、後々やっぱりあのグレードが良かったなと思っても後の祭りです。

 

 

どのドライバーにとっても一番良いグレードというものはありません、それぞれのドライバーごとに適したグレードがあるのです。ですから、商談に臨む前にCX-3の各グレードの特徴について知っておき、自分が一番欲しい、自分に合っているCX-3のグレードを絞っておく必要があります。そうしておくことで、CX-3の値引き交渉も良い展開にもっていくことができると思います。

 

それぞれのドライバーにあったCX-3のグレードを検討する方法をご紹介していきます、ぜひ読んでみてください。

 

グレード選びのポイント

 

では、さっそくグレードについて検討してましょう。まずは各グレードの価格帯を確認します。

 

グレード名 価格帯
XD 2,376,000円~2,592,000円
XD Touring 2,592,000円~2,818,800円
XD Touring L Package 2,808,000円~3,024,000円

 

最安値のXDの場合は230万円台から購入可能ですが、XD Touringだと250万円を超えてきて、最上級グレードのXD Touring L Packageは最高300万円台に突入することになります。

 

次に、各グレードの違いについてみていきます。CX-3は、インテリアや外装に関してはグレードが上がってもあまり変化はありません、グレードの違いは安全装備の充実度の違いに大きく出ます。

 

CX-3の安全装備

搭載グレード

安全装備の機能概要

スマートシティブレーキサポート 全グレード CX-3で低速走行時、前方の障害物を察知、ブレーキを自動制御し衝突被害を軽減
AT誤発進抑制制御 全グレード(MT除く) CX-3で停車・徐行時、前方に障害物がある状況で急発進すると警報と共に急発進を抑制
ブラインドスポットモニタリング XD Touring、XD Touring L Package(XDはオプション選択可) 隣車線後方から接近する車両を検知、ドライバーに通知
アダプティブフロントライティングシステム XD Touring、XD Touring L Package(XDはオプション選択可) CX-3でカーブ走行、交差点での右左折時にヘッドライト(ロービーム)の方向をコントロール、進行方向を自動的に照らします
ハイビームコントロールシステム XD Touring L Package(XD、XD Touringはオプション選択可)

対向車・先行車を検知、自動でハイビームとロービームを切り替え

 

車線逸脱警報システム XD Touring L Package(XD、XD Touringはオプション選択可) 道路上の車線を感知、CX-3の車線逸脱を予測しドライバーに警告
スマートブレーキサポート XD Touring L Package(XD Touring はオプション選択可) ※XDは選択不可 前方の障害物を察知し、CX-3のブレーキの自動制御を行い、中高速時走行時の衝突被害を軽減
マツダレーダークルーズコントロール

XD Touring L Package(XD Touring はオプション選択可)
※XDは選択不可

レーダーにより、先行車との車間距離・速度差を認識し、自動で速度をコントロールし、一定の車間距離に調整します

 

CX-3のXD Touringはオプション追加すれば全装備を搭載可能、XD L Packageは全装備を搭載。XDはスマートブレーキサポートとマツダレーダークルーズコントロールのオプション追加ができません。

 

スマートシティブレーキサポートとAT誤発進抑制制御はCX-3の全グレード共通装備となります。CX-3のグレードが上がるごとに、車線逸脱警報システムやブラインドスポットモニタリング、などの安全機能が追加されていくイメージです。

 

特に中高速走行時の衝突被害を軽減するスマートブレーキサポートはCX-3のXD L Packageで追加される機能になります。

 

CX-3で安全機能が一切必要ない!というのであればXDでよいのですが、今のトレンドはやはり先進技術を利用した安全性となります。安全機能を重視するならXD Touring L Package、価格とのバランスを重視するならXD Touringを選択するのが無難です。

CX-3の各グレード毎の特徴

 

グレード名 価格 安全装備
XD ×
XD Touring
XD Touring L Package
XD

 

安全装置は最低限でスマートシティブレーキサポート&AT誤発進抑制制御のみとなります。オプションでの全然装備追加にも制限があります。

 

安価ではありますが、安全装備は最低限、とにかく安くしたいという方におすすめのCX-3のグレードです。

 

XD Touring

 

安全装備はスマートシティブレーキサポート&AT誤発進抑制制御、ブラインドスポットモニタリング、アダプティブフロントライティングシステムとバランス良く取り揃えています。XDと比較してブラインドスポットモニタリング、アダプティブフロントライティングシステムが標準装備となっております。全ての安全装置はいらないけれども、これでは少し足りないと考えている方でも、全ての安全装備がオプション追加可能ですので、無駄がありません。

 

CX-3で一番人気のグレードで、バランスが良いグレードです。

 

XD Touring L Package

 

スマートシティブレーキサポート&AT誤発進抑制制御、ブラインドスポットモニタリング、アダプティブフロントライティングシステム、ハイビームコントロールシステム、車線逸脱警報システム、スマートブレーキサポートと豊富な安全装備を標準搭載しています。XD Touringと比較してハイビームコントロールシステム、車線逸脱警報システム、スマートブレーキサポート、マツダレーダークルーズコントロールが追加で標準搭載となっています。

 

とにかくCX-3の安全度を上げたいという方にはおすすめのグレードです。

 

CX-3の人気グレードは?

 

ランキング グレード名 比率
1位 XD Touring 63.2%
2位 XD Touring L Package 21.1%
3位 XD 15.7%

 

バランスが良く、安全装備もすべてオプション追加可能なXD Touringが一番人気になっています。

 

おすすめグレードはこちら

その圧倒的な人気からもわかるように、CX-3では車体価格の割に安全性能が高いXD Touringを選ぶのがおすすめです。XD Touringはオプションですべての安全装備が追加可能となっていますので、お好みで必要だと思ったものを追加すれば、予算面と安全面のバランスも良くなります。

 

もしもCX-3の購入予算に十分余裕があり、CX-3のグレードは安全機能を完備した最上級グレードを選びたい場合は「XD Touring L Package」を選ぶ、という形でよいでしょう。

 

CX-3の全車種自動ブレーキはついているので、XDにも自動ブレーキはありますが、それだけだと安全度があまり高くないですし、安全装備のオプション追加にも制限があるので最廉価のXDはあまりおすすめできません。

 

CX-3格安購入術


CX-3はディーラー値引きによって多少購入費用のコストカットができます。ただ、その金額は10万円程度なので、値引き率で言えばかなり渋い車種と言えます。

 

また、交渉には高いスキルが必要となるほか、何度もディーラーに足を運ぶことになるので休日も何回もつぶれることになります。

 

もっと手間をかけずに、短時間でCX-3を安くするなら、未使用車という選択肢もあります。

 

↓はまったく同じ条件のCX-3の「新車」「未使用車」の比較となります。

 

  CX-3 XD Touring 新車 CX-3 XD Touring 未使用車
外観    
ボディカラー セラミックメタリック セラミックメタリック
走行距離 2~3km 9km
装備 セーフティクルーズパッケージ・ETC・フロアマット セーフティクルーズパッケージ・ETC・フロアマット
乗りだし価格 ¥2,937,900 ¥2,569,000

 

差額は37万円

 

未使用車のCX-3の場合、高い交渉スキルが必要な値引き交渉ナシで、限界値引きの3倍以上の価格減を実現することができます。

 

未使用車って中古でしょ?

「未使用車といっても、新車じゃないのでは?」

 

こんな風な意見もあるでしょう。そこで、疑問解消のために比較表を用意しました。

 

  未使用車 新車
価格 30~40万円引き 8万~12万円引き(値引き)
走行距離 3~10km程度 1~3km程度
保証 3年間メーカー保証 3年間メーカー保証
ボディカラー 選択できない 選択できる
メーカーオプション 選択できない 選択できる
ディーラーオプション 選択できる 選択できる
重量税・取得税 0円 車種・グレードによる

 

価格

未使用のCX-3ははじめから30~40万円値下がりした状態となります。一方、新車は通常一律5万円引き程度、どんなに限界値引きしても12万円程度となります。しかも、交渉次第で失敗することもあるので不安定です。

 

走行距離

未使用車は5~10km程度走行していることがほとんどです。ただし、新車も最終テストでどうしても数km走らないといけないので、走行距離はほとんど変わりません。

 

メーカー保証

未使用車はディーラーに持ち込むことで新車同様の3年間保証を付けることができます。

 

ボディカラー

未使用CX-3は完成品なのでボディカラー変更はできません。ですが、あらかじめ、希望の色のものを選べば問題ありません。

 

メーカーオプション

ボディカラー同様、未使用車は後から追加はできません。なので必要なメーカーオプションがついているものを選ぶようにしましょう。

 

ディーラーオプション

ディーラーオプションについては、ディーラーで自由に追加可能です。

 

 

まとめ

 

未使用車には「ボディカラー変更不可」「メーカーオプション変更不可」というデメリットがあります。しかし、これは最初から希望のものを選べば特に問題はありません。一方、メーカー保証や走行距離についてはほとんど新車と変わらず、価格は新車よりもはるかに安いです。

 

なので、「希望のグレードが欲しいけど、予算が足りない」というときは、未使用車を選ぶことで希望通りのグレードを買える可能性が高いのです。

 

未使用CX-3の探し方

未使用車は、中古車ショップに置かれているほか、「カーセンサー」などの中古車ポータルサイトで探すことも可能です。しかし、問題点も多いです。

 

 

↑はカーセンサーで「CX-3 未使用」で検索したときの例ですが、12台しかヒットしません。

 

全国に、CX-3の全グレードの未使用車が12台しかないなんてことはありえません。CX-3は、ネット上ではあまり未使用車情報が出回っていないのです。

 

なぜこんなことになるかというと、CX-3の未使用車のほとんどはネット上では「非公開」となっているのです。このままでは、希望のボディ色やメーカーオプションのCX-3を探すのは難しいです。

 

そのため、ネットでCX-3の未使用車を探したいなら、「非公開」車両に対応したサービスを使う必要があります。

 

非公開車両を探すなら「なびくる+」がおすすめ

 

非公開車両を探すのに便利なのが「なびくる+」です。なびくる+は非公開車両対応で、なおかつ年間60万台の在庫情報があるので、CX-3の在庫も豊富です。

 

 

↑のように、「備考欄」に条件を書いておけば、かんたんに希望のCX-3未使用車を探すことができます。

 

ディーラー値引きも良い手ではありますが、時間もかかるし難しいので、まずはなびくる+を使って格安のCX-3未使用車がないかどうか確認しておくといいでしょう。

 

もちろん希望通りのクルマがないこともありますが、話をつけておくことで「入荷次第ご連絡」ということも可能ですし、なによりせっかく非公開車両から格安車が探せるのに利用しないのはもったいないです。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです
→ https://a-navikuru.com/

 

愛車の売却にも注意を払おう!

CX-3を値引きや未使用車で安く買えたとしても、愛車を安く売ってしまうと全く意味がありません。

 

例えばディーラー下取りの場合、相場よりも数十万円安い価格で買いたたかれてしまうことがありますが、買取相場がわからなければ下取りが高いか安いか判断できず、大損してしまいます。

 

ネットの一括査定サービスを使えば、すぐに買取相場を把握することができるほか、同時査定でオークション状態になるので、ディーラー下取りよりも30万円ほど高く売れることもざらにあります。

 

一括査定サービスのなかでは、「かんたん車査定ガイド」が1番人気です。その場ですぐに暫定買取価格がわかるのが魅力で、このサービスは他にはありません。

 

 

1分程度で査定も完了するので、売るお店を決めてしまう前に一度査定をしておいたほうがいいでしょう。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイト
→ http://a-satei.com/



ホーム RSS購読 サイトマップ