CX-3値引き交渉術紹介します

妻を切り札に

契約日 2016年02月
納期 2カ月
車体値引き額 52,000円
オプション値引き額 362,018円
その他値引き -
値引き総額 414,018円
下取り -
愛車の売却額 -

 

妻のヴェゼル押しをなだめつつ、私の大本命CX-3の商談へ。A店で商談をするも、この値引き額では妻を説得できないと危機感を感じたので、飛び込みで異資本のB店へ「A店で商談したがこれだけしか値引きしてもらえない、このままではヴェゼルになってしまう、妻を黙らせられるような値引きをお願いします」と正直に状況を包み隠さず話したところ好感触、総額40万円の値引きを引き出したところで、A店に状況を話したもののその条件は無理、と早々に勝負を降りられてしまいました。頼みの綱のB店相手にもう少し粘り、最終的には車両本体52000円引き、付属品36万2018円引きの獲得に成功しました。マツダ同士の競合あおりには失敗しましたが、泣き落としが成功して結果オーライです。

関連ページ

職場でのつきあいが好材料に
職場関連の関係もこんな風に生かすことができます

ホーム RSS購読 サイトマップ