職場絡みの付き合いがこんな結果を

職場でのつきあいが好材料に

契約日 2016年02月
納期 2カ月
車体値引き額 50,000円
オプション値引き額 394,201円
その他値引き -
値引き総額 444,201円
下取り -
愛車の売却額 35万円

 

資本の異なるマツダディーラー2店と商談することで大きな値引きを目指します。営業車の購入で長年お付き合いがあるA店と、兄から紹介されたB店、双方値下げは頑張ってくれましたが、B店は「もうここまでしか出せません、支払総額360万円で勘弁して下さい」との提示です。ここが限界かな、満足する条件のラインもクリアしたことだし、このあたりでB店に決めようかと思いましたが、更にA店は支払総額362万を提示。B店に確認をするも、360万円が限度だということで、最終的にA店と契約。

 

最終的に車両本体から5万円引き、付属品97万2120円から39万4201円引き。競合がうまくいったのもありますが、商談が終わってみれば一見の店よりも長年の付き合いがある分、値引きに跳ね返ってきたのかな? という結果に。

関連ページ

妻を切り札に
最終的に財布を握っているのは妻、あまりしつこくやってもバレバレですが、こんな感じに上手く使えばなら効果大です

ホーム RSS購読 サイトマップ